MKS計画修繕工事保証システムとは


発注者(管理組合等)が安心して大規模修繕工事を発注できるよう、MKSでは2つの安心を提供して

います。どちらの申込手続きも工事着工前に施工会社が行います。


保証制度のパンフレット ←クリックでダウンロードできます。

<工事完成・引渡しまでに備えるなら>


●MKS完成保証制度MKS正会員のみ利用可)

MKS正会員が元請施工業者となる物件に限り利用できる履行保証です。
元請の正会員A社が何らかの理由で工事を継続できなくなった場合、代替履行業者として正会員B社を
MKSから発注者(管理組合等)に斡旋します。

引受けには条件がありますので、申込前に請負契約書案を確認させていただきます。



<工事物件引渡し後の瑕疵に備えるなら>

国土交通省認可 大規模修繕工事瑕疵保険 


物件引渡し後、工事箇所に瑕疵が発生した場合に利用できる保険です。

瑕疵発生時に施工会社が倒産していた場合は、瑕疵の箇所を修繕する費用は発注者(管理組合等)に
保険金として支払われます。

MKSは、国土交通大臣指定保険法人社の取次店です。
瑕疵保険を利用する施工業者は、保険会社に予め事業者登録しておくことが必要です。

ハウスプラス住宅保証株式会社

株式会社住宅あんしん保証

MKSは、国土交通省の「住宅リフォーム事業者団体登録制度」の第1号団体として登録されています。
 そのため、MKS正会員が元請業者となる物件が戸当たり100万円以上(税込)、もしくは総額億円
 以上(税込)となる場合は、原則上記の瑕疵保険をかけることになります。

 ただし、発注者の意思で瑕疵保険は不要とする際は、工事請負契約書にその旨の記載が必要です。
 工事請負契約書にその旨の記載がない場合は、「瑕疵保険付帯不要通知書」を
作成し、請負契約書と一緒
 に保管するよう国土交通省から指導されています。


 工事請負契約書の書式は、民間(七会)連合協定工事請負約款委員会によるものです。 

 ご不明な点は、MKS事務局までお問い合わせください。 TEL 03-5777-2521